++ 2016/12 ++
11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop▲
2008-11-27 (Thu) | 『爬墻日記。』 | COM(3) | TB(0)
1.「こんな男は愛される」。
兄貴的聲音比想象中好很多。
沒有像平常那樣(刻意?)的沉下去,反而是高了那么一點?
阿呆+忠犬一樣的聲音聽得我私心❤滿滿~
我就是對呆得很可愛的人沒轍~~
故事之前也說過了~算是喜歡的,起碼不討厭~
但是聽抓的時候Y元的聲音卻對不上漫畫……平子倒是很適合……
初夜的那段之後不是有烈跪坐在床上嘛~那段Y元的“はい~> <”,不知為啥弄得我很萌~哈哈~~
嘛嘛~~總之很美好~~
そう~そう~TRACK5の「おまけの時間」~不好意思,我又笑爆了…OTL|||……有種直接穿越到某「鬼畜眼鏡」的感覺了…兄貴最近都是有學狗叫啊…XD

2.「絶対可憐チルドレン ED3 Break Your Destiny - 遊佐浩二+中村悠一+谷山紀章 」+「絶対可憐チルドレン キャラクターCD 5th session 遊佐浩二」
這個太美好了~~
美好得我不知道說什麽好了……
少佐樣~あなたが永遠に応援するぞ~~❤❤❤~~~

3.K ONE 「NOLY HUMAN」~。レミオロメン 「3月9日」~~。
最近在看那個「一公升的眼淚」~我想我流的淚都不止一公升了……
這兩首歌雖然很久之前聽過了,但是現在看起這個劇集之後,對它們的愛重新燃起來了~真的很好聽~XD~

4.平井堅-「哀歌(エレジー)」
我喜歡那個歌詞啊~~~


PS:《シャイナ ダルク~黒き月の王と蒼碧の月の姫君~ ボーカルアルバム》……兄貴珍惜的第4首歌……可惜是合唱的…淚…

幾時才能給我找到那個《プリンセスナイトメア キャラクターソングコレクション vol.8 「煉獄への警鐘」 / ブラド・ドラクレア伯爵 (安元洋貴)》CD啊~~~~啊啊啊啊~~我想要啊~~~~T口T~~

哀歌(エレジー)
作詞: 平井堅
作曲: 平井堅

しがみついた背中に そっと爪を立てて  (在緊緊的擁抱中 悄悄地 將指尖繞上你的背)

私を刻み込んだ もっと 夢の中へ  (銘刻下我的痕迹 更加地 向著夢境而去)

ひらひら 舞い散る 花びらがひとつ  (紛紛飄揚 飛舞散落的一片花瓣)

ゆらゆら 彷徨い 逝き場を無くした  (搖搖晃晃 在彷徨中 失去方向)

その手で その手で 私を 汚して  (用那雙手 用那雙手 將我玷污)

何度も 何度も 私を壊して  (反復地 反復地 將我破壞)

汗ばむ淋しさを 重ね合わせ  (汗水與寂寞重疊交織)

眩しくて見えない 闇に落ちてく  (在太過目而看不清楚的暗中沈淪)

いつか滅び逝く このカラダならば  (若是這軀體總有一天會滅亡消逝)

蝕まれたい あなたの愛で  (我願被侵蝕 在你的愛裏)

この病に名前が あれば楽になれる  (如果這病症有名字的話 便能治癒)

はみ出すことが怖い どうか 群れの中へ  (害怕著超出限度 請一定 向我心中而來)

ひらひら 舞い散る 花びらがひとつ  (紛紛飄揚 飛舞散落的一片花瓣)

ゆらゆら 彷徨い あなたを見つけた  (搖搖晃晃 在彷徨中 尋找到你)

この手で この手で あなたを汚して  (用這雙手 用這雙手 將你玷污)

何度も 何度も あなたに溺れて  (反復地 反復地 沈溺於你)

背中合わせの 不安と悦び  (不安與喜背靠著背)

波打ちながら 私を突き刺す  (在波濤起伏中將我刺穿)

いつか消えて逝く この想いならば  (若是這思念終有一天會消失不見)

今引き裂いて あなたの愛で  (現在用你的愛將我撕裂)

その手で その手で 私を 汚して  (用那雙手 用那雙手 將我玷污)

何度も 何度も 私を壊して  (反復地 反復地 將我破壞)

汗ばむ淋しさを 重ね合わせ  (汗水與寂寞重疊交織)

眩しくて見えない 闇に落ちてく  (在太過目而看不清楚的暗中沈淪)

いつか滅び逝く このカラダならば  (若是這軀體總有一天會滅亡消逝)

蝕まれたい あなたの愛で  (我願在你的愛裏被侵蝕)

私を 汚して その手で その手で  (將我玷污 用那雙手 用那雙手)

PageTop▲















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
textarea,input,select { font-family : "\30D2\30E9\30AE\30CE\20Pro\20W3","Osaka","Verdana","Helvetica","Arial","\FF2D\FF33\20\FF30\30B4\30B7\30C3\30AF",sans-serif; }